東京・大田区職員、覚せい剤所持で懲戒免職(読売新聞)

懸賞 2010年 02月 19日 懸賞

 東京都大田区は12日、区まちづくり管理課の主任主事の男(37)が自宅で覚せい剤を所持したとして警察に逮捕され、昨年11月に懲戒免職処分にしていたことを明らかにした。

 区は9日にも住民税などを着服した職員の免職処分を20日遅れで発表しており、今回の処分も約3か月伏せていた。同日、記者会見した松原忠義区長は、「公表を遅らせたわけではない」と話した。

 区の説明によると、元主事は昨年10月29日朝、墨田区内の自宅で覚せい剤を所持していた容疑で、埼玉県警浦和署に逮捕された。元主事が区に対し、「仕事が遅いことに悩んでいたので覚せい剤を使った」などと認めたため、11月18日付で懲戒免職処分としたという。

 区の内規では、懲戒免職処分は速やかに公表することになっている。しかし、区はこの事実を約3か月、公表せず、今月10日、警察に問い合わせて差し支えないとの回答を得たため、発表したという。

国の借金、最大の871兆円=国民1人当たり684万円−09年末(時事通信)
次官からの「降任」容易に、公務員法改正案(読売新聞)
「残念で仕方がない」=大森さんの高校で緊急集会−宮城・石巻市(時事通信)
【近ごろ都に流行るもの】母性への共感 ゆるぎない絆と生命力(産経新聞)
新型インフル特需で手指殺菌消毒剤市場4倍に―富士経済(医療介護CBニュース)
[PR]

by snadqp3db15 | 2010-02-19 19:46

<< <早大OB相場操縦>元社長ら起...   社民、期限付き九州北部案で調整... >>