地上、ヘリ両部隊は「65カイリ以内」に=米側が要求−普天間移設(時事通信)

懸賞 2010年 04月 26日 懸賞

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の新たな移設先について、米側が日本政府に対し、海兵隊の地上部隊とヘリ部隊の駐留場所の距離は「65カイリ(約120キロ)以内」とするよう求めていることが分かった。政府高官が21日、明らかにした。
 鳩山内閣は、普天間に駐留するヘリ部隊について、米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市など)陸上部と鹿児島県・徳之島に分散移転する案を検討している。キャンプ・シュワブと徳之島は180キロ程度の距離で、米側には具体的な許容範囲を示すことで、徳之島案を拒否する姿勢を明確に示す狙いがあるとみられる。 

ブラジル野菜 日系人ら栽培に成功 岐阜(毎日新聞)
寒暖変動、5月には解消へ=日本の南北に大きな温度差−気象庁(時事通信)
<OBサミット>広島で開幕「核兵器なき世界」議題に(毎日新聞)
<牛丼チェーン>松屋フーズのバイトが労組結成(毎日新聞)
<地域政党>「橋下新党」が発足…大阪府議ら30人参加(毎日新聞)
[PR]

by snadqp3db15 | 2010-04-26 20:24

<< 戸別訪問を解禁=「通年国会」も...   教員人事権5市町が受け入れPT... >>