10年で4割近く減少 米国留学の日本人学生 日米会議(産経新聞)

懸賞 2010年 06月 16日 懸賞

 【ワシントン=佐々木類】日米両国の有識者が参加して米議会内で開催されていた日米教育文化交流会議は11日、大学やシンクタンクなどへの財政支援の強化を求める共同声明を発表し、2日間の日程を終えた。

 日本側委員長の槙原稔三菱商事相談役は会議終了後に発表した共同声明で「日米間の学者、学生間の交流が著しく減少している」と指摘、大学やシンクタンクなどへの財政支援を強化する必要性などを訴えた。

 会議では、日米双方の出席者が、英語教師の助手を外国から日本に招く「JETプログラム」が、民主党政権による事業仕分けの対象になっていることへの強い懸念を示した。

 日本からアメリカに留学する学生数は中国や韓国に比べて著しく減少。会議では、この10年で40%近く減少し、米国における留学生全体に占める日本人の割合は、13年前の10.1%から4.4%と著しく低下しているとの指摘があった。

【関連記事】
米国務次官補が来週訪日 普天間、北朝鮮を協議
オバマ脅かす「最強の女性」
鳩山氏はシャツで没落 米紙コラムニスト酷評
「イラ菅」に不安 米紙、外交は未知数
欧米主要紙が論評 「恥をさらさないような指導者を」

小林議員に早期辞職求める=民主・枝野氏(時事通信)
口蹄疫 情報いつ公開したら… 早め?確定後? 悩む自治体(産経新聞)
「犯情は悪質。懲役2年を…」検察官の言葉に表情変えぬベスーン被告(産経新聞)
仙谷長官が荒井氏厳重注意、首相「使途不適切」(読売新聞)
丸順の今川社長、ホンダ四輪販売丸順の社長を兼任(レスポンス)
[PR]

by snadqp3db15 | 2010-06-16 17:03

<< あれれれ   「診察しろ」と警察病院訪れる ... >>